awsの導入を検討するときに重要な運用の考え方

パソコン16

機能的にも充実していて安心して運用できるということからawsの導入と運用を検討する企業も増えてきています。しかし、導入をしてから適切な運用ができなければコストばかりかかってしまったり、業務を円滑化することができずに困ってしまったりするリスクもあるのは確かです。

重要なのは運用の考え方をしっかりと決めておくことなので基本を学んでおきましょう。

awsの基本をまず理解しよう

awsの運用方法をどのようにして考えるかについて詳しく理解するためには、そもそもawsとは何なのかを少し詳しく把握しておく必要があります。一見すると多種多様なアプリケーションやサービスを利用することができるパッケージ型のシステムにも見えなくはありません。

しかし、awsはあくまでクラウドサーバーの提供サービスで、そのサーバー上で使用できるアプリケーションやサービスなどが豊富に提供されているのが実態です。まずはクラウドサーバーであるということを念頭に置いておくようにしましょう。

awsではサーバーの運用に関してユーザーと明確な区分をしています。規約にも明記されていますが、運営側が管理する部分とユーザーが管理する部分がはっきりとしていて、互いに不可侵の関係になっているのが特徴です。

そのため、クラウドサーバーに入っているファイルなどが運営側にリークしてしまうリスクはありませんが、逆に言えば割り当てられたサーバー領域は適切に管理していないと別のところに漏洩するリスクが生じたり、サーバーが障害を起こして運用が難しくなったりすることもあり得ます。

クラウドサーバーでありながら、自社サーバーのように徹底した管理が求められるということも理解しておく必要があるのです。

awsの運用で重要な二つのポイント

awsを導入して運用していこうと考えたときに重要なポイントが二つあります。一つは目的を明確にすることで、どのような用途で用いるために導入するのかをはっきりとさせましょう。あらゆる業務システムをawsのクラウドサーバー上に乗せて運用するというやり方もあります。

一方、顧客サービスに関わるシステムだけはawsに乗せるというやり方もあるでしょう。部署ごとにサーバーを割り当てて、自由に運用できる体制を整えることにより業務効率化を図るという方法もあります。他にもストレージの共有が重要になる部署にだけ使用させるという形を整えるなど、多岐にわたる運用方法があるので目的を明確にすることが欠かせません。

もう一つの重要なポイントがコスト管理をどうするかです。基本的にはawsは割り当ててもらう領域などを大きくするほどコストがかかり、提供されているアプリケーションやサービスを利用すればするほどコストが発生します。

社員に対して自由に利用させるアプリケーションなどを決めて使用させるというやり方もあるでしょう。一方、部署ごとに管理職にコスト管理をさせて必要なサービスを選んで利用できるようにする方法もあります。現場によってどういう運用がベストかは異なるので、導入目的との兼ね合いも考慮しながら最適なコスト管理の仕方を考えましょう。

サーバー管理の体制も考えよう

awsの運用をするときには割り当てられたクラウドサーバーの管理もすることが必要になります。特に重要になるのがサーバー監視をする体制を整えることで、常に不具合が生じないように障害対策を行えるようにすることは運用上欠かせません。

サーバー監視にはCloudWatchというawsが提供している監視ツールを使用することもできますが、一般的なクラウドサーバーや自社サーバーなどの監視に用いられているツールを使用しても問題はありません。障害発生を未然に防ぐこと、障害発生時に速やかに対処すること、リソースの偏りができたときに最適化することができれば概ね運用上の問題が生じることはないでしょう。

サーバー管理の体制の整え方も企業によって異なるので考え方を明確にするのが大切です。

全て社内の人材で管理できるようにするために必要なエンジニアを確保している企業もあります。一方、外部のサーバー監視サービスを利用することで適切な管理体制を整えているケースも少なくありません。awsの運用規模や運用目的によって最適な方法は異なるので、適切な体制を整えられるようにしましょう。

体制に応じた人材を揃えよう

どのようなawsの運用体制にするかを決めたら、それに応じた人材確保を進めておくのが大切です。awsの導入はすぐに終わりますが、人材確保や外部サービスの依頼には時間がかかるので注意しなければならないのです。

社内の人材で運用すると決めたのであれば、awsなどのクラウドサーバーに関する知識とスキルを持っているエンジニアを規模に応じて適切な人数だけ確保する必要があります。一方、外部サービスを利用して監視してもらうようにする場合でも、その担当業者のエンジニアとディスカッションできるレベルの人材は確保しておかなければ適切な運用をすることは困難です。

最低でも一人は優秀なエンジニアを確保することが必須なのです。

運用の考え方をガイドラインにしよう

パソコン22

このようにしてawsの運用目的やコスト管理の仕方、サーバー管理の体制について明確にすることができたら、書面で基本的な考え方をまとめておくようにしましょう。特に重要なのは運用の考え方を社員に周知させることで、使用する上で不安を感じたり、使って良いものかどうか悩んだりさせずに目的に沿った使い方をさせるためには欠かせません。

ガイドラインを作成して周知するのは効果的な方法なので、運用の考え方が決まった時点で作成しましょう。運用のガイドラインは適宜変更していっても問題はありません。導入して実際に使ってみるともっと良い使い方があるのではないかと考えられることはよくあります。

そこで新たな目的を策定して運用の仕方を変更することには問題はないのです。それによって新たにコストが発生することも多いので予算との兼ね合いも考えることは必須になります。定期的に見直しとガイドラインの修正をすると上手に運用できるでしょう。

運用の考え方をまとめよう

awsを効果的に使っていけるようにするためには導入の目的や運用の考え方を明確にすることが欠かせません。クラウドサーバーだという認識を持って管理体制も整えることは必須です。ガイドラインに運用の考え方をまとめて社員に周知させることで運用効率も上がります。

後で変更しても問題ないのではっきりと方針を決めてから導入しましょう。